愛人とは?愛人を作る男性・システム・メリット・デメリット

愛人とは?愛人を作る男性・システム・メリット・デメリット

 

愛人とは?愛人を作る男性・システム・メリット・デメリット。昭和の昔から、既婚者の男性が奥さん以外の女性を囲う愛人というシステム。名前は知っているけど、実際の愛人はどんな存在なのか分からない人も多い事でしょう。ここでは、そんな愛人の解説していますので、興味のある女性は参考にしてください。

愛人とは?

愛人とは、既婚男性に生活費を援助して貰い、その男性の希望に従いデートや性交渉をする女性の事です。

 

どんなことをするのか?

基本的には愛人契約を結んだ男性に同伴しデートなどを楽しむのが基本で、恋人関係とそんなに変わりはありません。

 

デート、食事、お酒、性行為が基本的な愛人の姿と言えるでしょう。

 

愛人を作る男性

 

愛人のシステム

愛人とは、妻帯者の男性が奥さんとは別にセックスを目的とした女性をお金で囲っておくシステムのこと。

 

愛人契約をした女性は契約者以外との性行為は厳禁とされ、要望に応じ性を提供します。

 

お金を援助する代償に性を提供される

つまり囲い主の男性は、愛人の生活に掛かるお金を負担する代わり、好きな時にセックスをすることができるという世の男性にとって夢のようなシステムなのです。

 

しかし、愛人を持つ男性に求められるのは「経済力」です。お金がなければ愛人を持つことはでいません。

 

愛人を持てるのは一部のお金持ち?

会社経営者、役人、政治家、有名人、タレント、スポーツ選手などなど、いわゆるお金持ちのみが愛人を作れていた時代もありました。

 

やはり一般人には高嶺の花なのか?

一般人に愛人は無理なのか?と言いますとそうではありません。

 

現代においては普通の会社員などでもプチ愛人を持つことが非常に簡単になりました。

 

それは一体どういうことかというと、援助交際のシステムがカギを握っています。

 

援助交際という現代の愛人システム

愛人と援交はシステムが同じ!

言葉は違えど経済的援助を行い性を提供されるのは愛人も援交も同じです。違う部分は男性側が生活の全ての面倒をみるかみないかという部分でしょう。

 

援交は、一回セックスする度にお金を払うのが決まりですので生活の面倒を見る必要はありません。

 

愛人を複数の男性でシェアするのが現代流!

上記では愛人と援助交際の違いを説明しましたが、

 

援助を受ける女性の経済事情は様々

例えば、月々数万程度お金の余裕が欲しいと考えている女性であれば、

 

ポイントは「定期に持ち込む」こと!

定期に持ち込むとは一体何か?今度はこれを説明していきましょう。

 

援助交際で、気に入った相手に対し定期的に援助するからまた会えないか?と持ちかけてみるのです。

 

女性側としては、また援助をしてくれる人を探す手間や、また知らない相手とセックスをしなければいけないというリスクから救われます。

 

基本的にWinWinの関係を維持することが大切なのです。

 

 

愛人のメリット・デメリット

愛人契約をすると女性にどんなメリットがあるのでしょうか?またデメリットは?

 

メリット

  • 生活費を援助して貰うのでお金に困らない

 

デメリット

  • 男性がお金に困った事態になった場合、愛人契約を破棄される
  • 相手男性の予定に合わせる必要がある
  • 生理周期などを相手に伝える必要がある
  • やはり気持ち的に後ろめたい

 

 

 

愛人候補を探すのは出会い系サイトがベスト!

出会い系には援助を求める女性が沢山いる!

では、具体的にどうやって援助交際相手を探すかを考えていきましょう。まず、援助交際を相手を探すのは出会い系がベストな選択です。

 

出会い系は表向きの運営では恋人や友達を探すという大義名分で運営をしていますが、中身は援助交際を相手を探す女性で溢れかえっています。

 

これを利用しない手はありません。

 

また妻帯者の場合、自分の身近な人を愛人にする場合は非常にリスクが高いので、自分の人間関係を壊さずにプチ愛人を作る事が出来るのです。

 

女性がお金を稼げるマッチングアプリ紹介
愛人とは?愛人を作る男性・システム・メリット・デメリット

女性がマッチングアプリでお金を稼ぐには、安全であることが重要。そんな女性が安心して利用できるマッチングアプリを紹介しています。

また、マッチングアプリの基礎知識も紹介していますので合わせて参考にしてください。


チャットレディ募集(ライブチャット)